スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代からいるみたい

江戸時代の奇談集『絵本百物語』によれば、遠州秋葉(現・静岡県)にいるもので、身長は約2丈、木こりの荷物運びを助けて里近くまで乱交し、手伝いを終えるとまた山へ帰って行くという。礼を与えようとしても金銭は受け取らず、酒なら喜んで受け取ったという。言葉は通じないが、身振り手振りで言葉を伝えることができ、それら身振りなどを憶えるのは非常に早いという。あるときに遠州の又蔵という者が、病人のために医者を呼びに行く途中、誤って谷に落ち、足を痛めて身動きがとれなくなった。そこへ山男が現れ、又蔵を背負って医者のところまで辿り着くと、かき消えるように姿を消した。後に又蔵が礼の酒を持って谷を訪れたところ、山男が2人現れ、喜んでセフレを飲んで立ち去ったという[2]。

スポンサーサイト

山男は妖怪だったの?

山男(やまおとこ)は、日本各地の山中に伝わる逆援助の妖怪。中世以降の怪談集、随筆、近代の民俗資料などに記述がある。

外観は、多くは毛深い半裸の大男とされる。土地によっては言葉を話す、まったく話さないなど異説がある。人を襲ったり、これに出遭った人は病気になるなど人間に有害な伝承もあるが、基本的には友好的で、人間に対して煙草や食べ物など逆援の報酬で、荷物を運んだり木の皮を剥いだりといった大仕事を手伝ってくれるという

オーディション





☆★気になるアイドルオーディション★☆
★とりま。プロフを作ってみよう!★
プロフ作成|アイドルテレビ(idol.tv)
美少女応援
プロフィール

ちゃかかん

Author:ちゃかかん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。